ホーム > 資産家の皆様へ
資産家の皆様へ

すべての資産家に営業目的ではない「真の資産コンサルティング」を。
完全中立の立場から資産活用を考える、「真の相談相手」を目指します。

 

資産家へのアドバイスは、多様であり無限

 

ご資産家の皆様が本当に求めている存在とは何か。私がずっと考えてきたテーマです。世の中には、資産家を苦労なんて知らない存在だと思っている人もいるようです。しかしそれは大きな間違いであることを私は知っています。

 

いまはサラリーマン受難の時代と言われますが、私が考えるに、サラリーマンの方のファイナンシャルプランニングはとてもシンプルです。それは、お金を増やしたいのなら究極的に言えば「入り(給料)を増やす」か「出(支出)を減らす」のどちらかだからです。入りを増やすのなら特定の資格を得るか、現在の仕事で結果を出して給与査定をアップさせる、または転職や独立、配偶者が働くのも一つの方法でしょう。出を減らすのなら家計費(特に固定費)の削減をアドバイスし、収入に見合った支出計画を検討する。それだけです。

 

しかし、ご資産家の皆様へのアドバイスは違います。上記のサラリーマンの方々へのアドバイスに加えて行うべきアドバイスが数多く存在します。いま保有している不動産、金融商品の組み合わせは適正なのか。収益不動産なら賃料の設定状況や空室状況はどうか。将来的に持ち続けることと、売却して資産を組み替えることとどちらが有益か。金融商品なら、リスク許容度と現在のポートフォリオが合致しているのか。インフレ対策として、コモディティの活用は? 実物資産の「金」は持つべきか。いまは「増やす」対策が必要か、「守る」対策が必要か。あるいは将来に向けて「遺す」準備が必要か。毎年の税金と相続時の税金を比べてどのような節税プランを考えていくべきか。どのように豊かに幸せに生きていくべきか。海外移住の場合の準備や方法は。これからの健康管理はどのように、等々

 

言い出したらキリがありません。そして何より、ご資産家一人一人によって、お悩みやご要望が全く違うというところが、一般の給与所得者の方々との大きな違いです。

 

金融機関に「真の資産コンサルタント」はいない

 

私はいままでの金融機関の第一線での経験から、給与所得者の方々より、ご資産家の皆様のほうが断然、悩みが多くそして深いと実感しています。

 

そして私は気付いています。上記のような悩み多いご資産家の皆様にいつでも気軽に何でも話ができる「真の相談者」がいるかといえば、ほぼ皆無であることを。

 

たとえば証券会社や銀行などの担当者。彼らは一見中立的な立場で資産管理やアドバイスを行います。しかし最後の最後は必ず、あたかもベストな解決策とばかりに自社の商品を提案します。ですが考えてみてください。たまたま出会った担当者が、数千もある運用手段の中からベストの金融商品をたまたま自社で提供しているなんてことはあるでしょうか。私の経験から言わせていただければ、そんなことは絶対にありません。彼らは、手数料収入が収益源。他社の商品を薦めればその段階で自分の成果評価にはならず、出世に響く場合さえあります。彼らは、自分の出世にプラスにならない他社商品なんて提案できない、さらに結果を出さないと出世ができない、査定が上がらない、というジレンマに囚われています。そしてお客様に対し、必死で「いいひと」であることに徹します。中立的な相談相手であるように振る舞い、自分を信頼してもらうことが、自社商品を買ってもらう一番の方法だと知っているからです。

 

そしてその結果、客である資産家は必ずしもベストではない金融商品や不動産を購入することになります。もちろん相場商品ですから、たまたま資産価値や評価が向上することもありますが、相場とは別に足を引っ張る「手数料」という曲者が資産価値向上の邪魔をするのです。得をするケースよりも、損をするケースのほうが多いでしょう。価値が上昇しても下落しても(自己責任という名のもとに)すべての責任を資産家に押し付け唯一得をしているのは紛れもない金融機関です。商品を販売し、保有してもらうことによって、販売手数料等の各種手数料を毎年搾取している。大口預金でさえ、金融機関は国債購入や優良企業への貸し出しを来ない、リスクを最小化して確実な利ザヤを稼ぐ。

 

もうそろそろ、そんな金融機関だけを儲けさせるのはやめてもいい時期ではないでしょうか。

 

完全中立の立場から「真の資産コンサルティング」を

 

これまでの資産家は、銀行や証券会社に頼る以外方法がありませんでした。資産の相談に乗ってくれる唯一の存在が金融機関の担当者だったからです。しかし、いまこそ新たな相談相手が必要なのです。私が独立をした意義はそこにあります。

 

これから私が目指すのは、完全にご資産家の皆様の側に立った「真の相談相手」。商品を売る義務が発生する営業という立場を離れて、真にクライアントを考える「完全公正中立なコンサルタント」です。

 

金融機関での経験、知識をフルに使って、ご資産家の方々の「不安と不満」を「安心と満足」に変えていくお手伝いをしてまいります。

 

各ジャンルのエキスパートによる「サポート体制作り」も

 

もちろん、私一人ですべてができるとは思いません。状況に応じて、金融商品、不動産、法務、税務、医療、等それぞれのプロのアドバイスが必要なこともあるでしょう。その際は、私が15年間に出会ってきた何千人もの専門家から、真に信頼できる人材(ドクター、弁護士、会計士、税理士、各種プロフェッショナル)をご紹介。ご資産家の皆様のサポートチームをお作りします。各ジャンルのプロによる側面そして後方サポートによって、皆様には「良い選択と集中」を実現していただき、さらには日々の生活を充実していただけるはずです。

 

 

そこに私にしかできない仕事があるのなら、その境遇に心から感謝して、一生懸命私のできることをします。時にお節介なこともあるかもしれませんが、お客様からは(お節介くらいの方が良いと)ご満足いただいているように感じます。

 

長くなりましたが、ぜひ私、占部邦素が皆様のお役に立つ存在かどうか、ご判断いただけますと幸いです。一期一会のご縁を大切にし、精一杯ご案内させていただきます。

 

ご資産家の皆様にとって、KAMコンサルティングとの出会いが素晴らしいものとなりますことを心から祈っています。