ホーム > Q&A > Q.コモディティ投資とはなんですか?
Q.コモディティ投資とはなんですか?

A

コモディティとは「商品」のこと。実物資産に対して投資をすることを「コモディティ投資」と言います。
 

コモディティ(commodity)とは、「商品」のこと。投資用語としては原油やガスなどのエネルギー、金・銀・プラチナなどの貴金属、小麦・大豆・とうもろこしなどの穀物、銅・アルミといった非鉄金属などを指します。

そして、上に記したような実物資産に対して投資をすることを「コモディティ投資」と呼び、またそれらを対象とした投資信託を「コモディティ投信(コモディティファンド)」と呼んだりします。投資商品としての特徴は、インフレに強いということでしょうか。

最近は本来食物である小麦や大豆、トウモロコシが、世界的な人口増加と投資意欲の拡大により、実際の需要以上に高値で取引され、話題となっています。

従来は先物取引やオプション取引でしか個人投資家は市場参加することができず、ハイリスク商品と捉えられていましたが、最近では小額でも取引可能なETF(上場投信)としてもこうしたコモディティ商品が存在しており、個人投資家にも身近な存在となりつつあります。
日本では、ニューヨーク原油(WTI)に連動するETFが09年8月に大証(大阪証券取引所)で上場しています。また、同月に東証(東京証券取引所)では、金・銀・プラチナ・パラジウムなどの先物価格と連動するETFが上場しています。
こうした流れから、近年ではコモディティに対する個人投資家の投資意欲も向上しているようです。尚、投資する場合は、株式などと同様に証券会社を通じて取引するのが一般的です。

「資源価格、穀物価格の高騰が今後も続いてインフレ傾向が高まる」と判断するなら、ぜひ組み込みたい投資セクターです。