ホーム > Q&A > Q.金投資に興味がありますがどうでしょうか?
Q.金投資に興味がありますがどうでしょうか?

A

実物資産として人気が高く、金融恐慌や通貨安が起こっても、世界中いつでもどこでも現金化できる資産です。金利は付きませんが、インフレに強く、株や債券と違って発行体が存在せず、それ自体に価値があるのが特徴です。
 

金は貴金属としては最も歴史が古く、価格が急落する可能性が少なく、安定性が高く、土地や建物などと異なり保有しているだけでは税金がかからない、などの特性があります。

金の特徴としては「換金性が高く、世界中で現金交換できる」「世界経済が不安定の時には価値があがる」「限りある資源のため、将来的にも需要が高まる」などがあります。そして金の取引方法としては「現物取引」と「証券取引」があり、現物取引には「金地金」「金貨」「純金積立」が、証券取引には「金ETF」「金先物取引」「金鉱ファンド」があります。

金の取引は、世界各地で24時間取引が行われています。国際情勢に敏感に反応し、各国の株式市場の大暴落などが起こると現物資産である金へ資金がシフトされる傾向が現れたりします。

金は世界の主軸通貨ドルと密接な関係にあり、金の国際価格はドル建てとなります。通常、ドル建ての金はドルの上昇傾向においては下落し、逆にドルの下落傾向においては上昇することになります。こうしたドル相場とドル建て金価格の逆相関性は、ドルの裏付けに金が使われていたという歴史的事実に由来するといわれています。

日本は輸入国のため、金の価格は、円安では高値に、円高では価格の安値につながります。

金は、債券などとは違うため、利息のようなものは一切発生しません。それなのに、価格的には、ある程度市場の値動きに左右されることになります。また、金の取引はドル建てが基本なので、金の売買を行うときは、為替相場の変動にも影響される、といったデメリットもあります。

金投資で、株などの他の投資に無いメリットを考えて見ましょう。

まず、金自体は株、債券のように発行主のようなものが存在せず、金それ自体に価値があることから「政治・経済の不安定にも影響されない」ということもあります。このため、不景気、経済不安になると金の価値が上がるといわれています。

会社の倒産などで無価値になる恐れが無く、しかも、世界中で通用する資産であり、いつでもどこの市場でも換金が出来ます。100年くらい前には、世界の国々で金本位制が主流だったことから考えても、 金が信用力のあるものだったことがわかります。

そのことが、最近の経済危機の中で金相場への投資が急速に注目を集めている理由でもあるのでしょう。

また現金よりも安定しているため、財産を長期的に安定して保有したいと人にも金の所有は向いています。金自体に価値があることから「守りの資産」であるといえるでしょう。長期スパンで見た場合に、本物の資産形成ができます。

例えば、物価が上昇しインフレ局面になったとしても、純金価格は着実に値上がりします。逆に、物価が下がるデフレ局面で、経済不安が起こったとしても、純金それ自体の価値が損なわれることはありません。

このように、10年、20年といった長期的な視点で考えた場合に、価格変動に強い純金投資の威力が発揮されるといえます。