ホーム > Q&A > Q.ポートフォリオ理論とはなんですか?
Q.ポートフォリオ理論とはなんですか?

A

市場全体を買うような金融商品の組み合わせを行う事で長期的に資産を守り、そして育てていく投資理論です。インデックス投資信託がその典型例です。銘柄を厳選したアクティブ投資信託よりも長期的にはパフォーマンスが優れていると言われています。


ポートフォリオ理論は正しくは、モダンポートフォリオ理論と呼び、ノーベル経済学賞を受賞した理論です。

モダンポートフォリオ理論を簡単に説明すると、「卵をひとつのカゴに盛るな」という有名な言葉を聞いたことはありますか? 大事に物は出来るかぎり分散しようという考え方で、分散投資の重要性を説いている非常に有名な言葉です。

株で言うと、銘柄を厳選したアクティブ投資信託よりも、株式市場全体に投資するパッシブ運用(インデックス運用)の方が、長期的には大半の場合に置いて優れた投資結果が得られる。効率的市場ではパッシブ運用が理論上最強であるという考え方。

どんなにリサーチしても、上がる銘柄があれば下がる銘柄がある。人気の業界があれば、不人気の業界がある。ブームで盛り上がってもしばらく立てば盛り下がる。結局はどんなにリサーチを繰り返しても市場はとても効率的であり、よほどの才能と運がない限りは、パッシブ運用に勝てるアクティブ運用は少ない。効率的市場仮説ともいわれる。

パッシブ運用(インデックス運用)の利点
① 一つの銘柄に集中投資しないのでリスク回避できる
② 値動きが緩やかになるので、一喜一憂する心配がなく、突発的な物事に対処できる。
③ 長期的にアクティブ運用よりも高いパフォーマンスが歴史的事実として期待できる。

パッシブ運用(インデックス運用)の欠点
① 一つの銘柄に集中投資しないので、利益が薄い
② 常に興味とは関係なく市場全体に投資するので、何よりつまらない。
③ 集中投資しないのでその投資のスペシャリストになるのに時間がかかる

ポートフォリオ理論を使用すると莫大に儲けることは少し難しくなりますが、なによりも長期的に安全にそして確実に投資できることが利点だと思います。

分散投資なんてつまらない、集中投資だ!と思われる方は、ぜひ集中投資にもチャレンジしてみてください。確かに投資で何億円も築いた資産家は、集中投資の人が多いのも事実です。

当社では、それぞれのお客様の投資選好度、リスク許容度に合わせて、最適なポートフォリオをご提案させていただきます。金融機関のように商品を買っていただくことが目的ではありません。突発的なリスクを回避し、将来に向けて安定的な収益を上げていただくことを目的とし、何よりも末永いお付き合いの中で、より人生を豊かに快適にストレスなく過ごしていただくのが最良と考えております。ぜひお気軽にご相談ください。