ホーム > Q&A > Q.融資を受けたいのですが、どの銀行から借りるのが良いですか?
Q.融資を受けたいのですが、どの銀行から借りるのが良いですか?

A

必要書類を事前に万全に準備したうえで、まずは「政府系金融機関」または「都市銀行」に借り入れの申し込みをしてください。
 

審査さえ通過すれば、どの金融機関から借りても同じなのではないかと感じる社長も多いのではないでしょうか。でも気をつけてください。可能なら政府系か都市銀行です。
その理由は、金融機関には目には見えませんが、確固たる「序列」があるのです。
以下、序列の高い順番です。

政府系金融機関>大手都市銀行>地方銀行>第2地方銀行>信用金庫>信用組合>消費者金融

地方銀行や、信用金庫は融資の審査も早いですし、認可も出やすい、何より銀行員が親切です。普段使っているメインバンクが地方銀行や信用金庫ですと、ついついそのまま融資もその金融機関で受けたい気持ちになりますが、資金調達だけはまず「政府系」「都市銀行」に相談して下さい。担当者のご紹介もいたします。

その理由は2つあります。

1)地方銀行、信用金庫以下は融資の審査が緩く、借りやすいが、反面「金利が高い」傾向にある。
2)金融業界には「序列」が存在し、優良企業でない限り、地方銀行以下で借りた後に、大手都市銀行で借りることは難しい。

1)については、消費者金融が分かりやすいですね。金利はとても高いですが、返済事故歴等が無い限り、実質ほぼ無審査でお金を貸し出します。地方銀行よりも信用金庫や信用組合の方が審査が緩く、早いですが、金利が高い傾向にあります。借主としては極力安い金利で資金調達をした方が良いわけですから、金利の安い政府系、都市銀行で資金調達したいものです。

2)については、2本目以降の融資を受ける際に大きな影響が出てきます。1本目に地方銀行からお金を借りてしまうと、次回、運転資金等で都市銀行から資金調達しようとしてもかなりの確率で「謝絶」または、「厳しい結果(金利割高等)」となります。増加運転資金(業容拡大)でもかなり厳しく審査されます。もちろん優良企業は別です。
逆に、1本目に政府系または都市銀行で借入して、2本目に地方銀行以下で借り入れ申し込みをした場合は、「大手都市銀行で借り入れしている会社は、ほぼ無審査なのではないか」と感じるほど、思い通りの、且つ、安い金利での資金調達が可能です。
まるで、直近の資金調達先でその会社の安全度の格付けがされているかのようなイメージです。

面白いものですが、地方銀行の融資担当は審査時に「この会社は大手都市銀行でも借りているから貸しても大丈夫」と本気で思っているふしがあります。人が審査するわけですから、この心象の良さはとても強い武器となります。

以下、各金融機関の特徴、融資審査の傾向です。

 

特 徴

審査の傾向

政府系金融機関

属人的な要素は少なく、書類の完成度が大事。経営計画書(事業計画書)を用いて、会社が将来良くなる姿(将来性)を中心にPRする。いったん取引が始まると継続性があるので、最初が肝心。

審査書類の数字と整合性を最も重視する。事業計画による「会社の将来性」を重視する。

大手都市銀行

提出書類の数字と書類間の整合性を精査して、理路整然とした説明を心がけること。銀行員が薦める保険や積立等に付き合ってもほとんど評価されないので、やりたくなければ、断ったほうが良い

書類と数字の根拠が高いレベルで求められる。銀行員の書類の読み込み、質問能力が高い。どのような質問にも的確に答えられるように。

地方銀行

営業担当者との日頃から信頼関係が重要。融資申し込みの際には支店長と直接話す機会を持つことが重要。大手都市銀行との親密度をアピール。

追加書類(試算表、銀行取引推移表等)の提出で評価が上がりやすい。大手都市銀行との借入履歴で融資姿勢が一気に緩和。

信用金庫・信用組合

営業担当者との信頼関係が重要。支店長と直接話す機会を極力多く持つこと。地域への貢献度をアピール。営業が薦める「定期預金」や「積立」で評価が上がりやすい。属人的な要素強い。

フットワークが軽く、追加書類を会社まで取りに来てくれることもある。  B/S、P/Lと試算表だけで審査がほぼ完結。他行との取引歴も重要。

信用保証協会

過去の実績と共に、融資後に会社がどのように将来発展、成長するかを見せること。代表者の熱意を直接アピールすることで、融資可否や条件が良くなることもある。

会社案内や、会社の写真、設備や商品のイラストや写真などを添付すると効果的。

当社では、代表の占部の豊富な人脈と実務経験により、大手都市銀行の優秀な営業担当者、融資担当者を直接ご紹介する事により、大手銀行からの長期・低金利融資のサポートを行っております。また、パートナー税理士からの銀行紹介により、優遇金利、特別審査でのご紹介も可能です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。