ホーム > Q&A > Q.事業計画を立てることはそんなに大切なことですか?
Q.事業計画を立てることはそんなに大切なことですか?

A

事業計画は、ビジネスにおける「羅針盤」のようなものです。明確な目的を書面に落とすことで正しい方向に最短距離で向かえる道しるべとなり、迷った時には原点に戻れるホームベースにもなってくれます。社員のモチベーションや社長自身の頭を整理する意味でも事業計画はいつのタイミングからでも必ず立ててください。今からでも遅くはありません。


実際に起業をしてみたものの、事業が軌道に乗れないケースが多々あります。

うまくいかない原因にはいろいろありますが、結構多いのが「事業計画」を立てずに自己の思い入れだけで起業してしまった例です。思い入れはとても大事。ですが、後に思いがけないことで失敗・停滞するのを防ぐためにも、「どのような事業であっても事業計画書を策定する必要がある」と思ってください。その情熱、志、社会的意義、そして実現計画を、冷静に「短期・中期」くらいまで書面に落とす必要があります。

事業計画書を立てることには、3つの利点があると考えられます。

1)自己の事業の実現可能性を客観的に判断できる。
2)関係者(出資者・銀行・地方自治体など)を説得するのに活用できる。
3)従業員が自分の仕事に目的意識を持ち、経営者の想いやロマンを共有できる。

事業計画書には、将来ビジョン・事業コンセプト・マーケティング戦略・売上予測・資金繰りなどを記載しますが、これらの項目を何度も精査することで、事業が成功する見込みを客観的に判断できるようになります。また、その過程で、自分が本当にやりたいことが何なのかを気づく場合もあります。

自分の頭の中でぼんやりしている内容を事業計画書に落とし込むことによって、将来目標、課題、リスクなどを目に見える形で把握できるようになるのです。

銀行、地方自治体などから融資を受ける場合、事業計画書を提出しなければならないケースがほとんどです。事業計画書の提出が必須でない場合であっても、事業計画書を添付して事業の魅力をアピールしたほうが、融資は受けやすいものと推測します。特に書面の審査中心の公的な制度融資においては、事業計画書の添付効果は抜群と言えるでしょう。

企業にとって従業員が目標を持って意欲的に働いているか、言われた事だけを単純労働しているかは大きな違いです。舟を漕いでいる従業員に、船長(社長)が行き先も目的も、達成可能性も達成後の恩恵も何も伝えなければ、その従業員の働く目的は「お金」または「上司の恐怖の克服」だけになってしまうでしょう。企業にとって従業員は同志です。目的・意義を共有してこそ強いチームが作れます。

次に事業計画書の大まかな構成を説明します。

1)経営環境分析(SWOT分析・市場分析・競合分析・ポジショニングマップなど) 
2)事業構想(経営理念・将来ビジョン・事業コンセプト・リスクの洗い出しなど) 
3)数値計画(売上予測・目標損益計算書・人員計画・損益分岐点分析・資金繰りなど)

事業計画書に特に決まった様式はありませんが、上記3つの項目は必須記載事項と考えていただいて構いません。

上記の項目は、どの事業を起業する場合であっても、必ず記載すべき項目なのです。

当社では事業計画策定にあたって、上記全てを、優秀な専門家と協働してお作りするお手伝いをいたします。起業後一定年数を経過した後の事業計画の修正もご相談ください。また、金融機関に好まれる事業計画書フォームというものがあり、後々の資金調達時の「金額」「金利」「期間」が驚くほど有利になります。ぜひお気軽にご相談ください。