ホーム > Q&A > Q.投資の必要性って何ですか?
Q.投資の必要性って何ですか?

A

日銀のゼロ金利政策の長期化、将来の年金不安、世界的なインフレ傾向によって、預貯金だけではなく、お金を積極的に働かせる努力が必要になってきました。必要時期、必要金額を見据えた、戦略が必要です。


「貯蓄から投資へ」という言葉を耳にしたり、目にする機会が増えています。これは、大切なお金を低金利の預貯金に眠らせるのではなく、元手として積極的に働かせる努力が必要になってきたということ。

ではどうして今、「投資」が求められているのでしょうか?その背景を理解するために、時代をさかのぼって一緒に考えていきましょう。

子供の頃にもらったお年玉。皆さんはどのように使っていましたか?ゲームやマンガ、洋服など、欲しいものはたくさんあるけれど、「無駄遣いしないで貯金しなさい!」と親に言われ、銀行や郵便局に預けていた人も多いはず。

金融の世界で「貯蓄」と呼ばれるこうしたお金は、かつては高い金利のおかげで「ただ預けているだけ」で殖えていきました。高度経済成長期を迎え、日本が先進国へと駆け上がっていたころの話です。

その後も日本経済は順調に成長を続け、1989年末には日経平均株価が最高値(38,915円87銭)を記録。まさしく、順風満帆な経済情勢だったといえるでしょう。ところが90年代に、状況は一転。バブル経済が崩壊し、華やかなりし時代は息をひそめてしまいます。地価や住宅価格の急落などにより不良債権が拡大し、大手金融機関も相次いで破綻に追い込まれてしまいました。戦後初のマイナス成長を余儀なくされ、日本銀行はゼロ金利政策を敢行。低金利時代の幕開けとともに、銀行や郵便局に「ただお金を預けているだけ」では、貯金はなかなか殖えなくなってしまいました。

恒常化する低金利時代に加えて、気にかかるのは将来の「年金」のこと。日本の年金制度は基本的に、今の現役世代から集めた掛金を今の年金世代に渡すしくみになっています。
ところが日本では「少子高齢化」が急速に進んでいるので、現役世代が減り、年金生活者を支えることが難しくなってきています。老後の生活費を年金だけに頼るのは難しそうです。事実、老後の生活について不安を抱える人は、じわじわと増えてきています。

これまで見てきたように、低金利時代で預金だけではお金が殖えない、年金にも頼れそうにない、そんな時代に私達は生きているようです。そんな時代でも、人生を歩んでいけば、例えば、結婚、子供の誕生、住宅の購入、子供の教育、老後、といったお金のかかるイベントが待ち受けています。

具体的にこれらのイベントにはどのくらいお金がかかるのでしょうか?

たとえば、婚約・結納から新婚旅行までにかかる「結婚費用」の平均は421万円、幼稚園~大学まで「子ども1人にかかる学費」は、すべて国公立に通った場合で1,000万円程度・すべて私立に通った場合で2,300万円程度、「夫婦2人がゆとりある老後を送るために必要な生活費」の平均は月額約38万円といった調査結果があります。

ライフイベントにかかるお金の平均額(一例)

▼結婚
婚約・結納から新婚旅行まで 約421万円 ※1

▼子どもの教育 ※2
幼稚園の学習費(年額) 公立では約25万円、私立では約54万円
小学校の学習費(年額) 公立では約33万円、私立では約137万円
中学校の学習費(年額) 公立では約47万円、私立では約127万円
高校の学習費(年額) 公立では約52万円、私立では約105万円
大学の学習費(年額) 国公立では約105万円、私立では約160万円 ※3

▼住宅の購入
物件別の平均購入価格
(いずれも新築) 土地付注文住宅では 約3773万円
建売住宅では 約3704万円
マンションでは 約3739万円 ※4

▼老後の生活費
夫婦2人の日常生活費(月額) 最低限必要な費用は 約23万円
ゆとりある生活に必要な費用は 約38万円 ※5

※1 出所:リクルート結婚情報誌ゼクシィ 「結婚トレンド調査2008」
※2 出所:文部科学省 平成18年度「子どもの学習費調査」
※3 出所:日本政策金融国庫 「教育費負担の実態調査(勤務者世帯)」(平成20年)
※4 出所:住宅金融支援機構 「平成19年度フラット35利用者調査報告」
※5 出所:生命保険文化センター 「生活保障に関する調査」(平成19年)

このような時代だからこそ、「いつ頃に、どんなイベントが待ち構えているのか?」「そのイベントにはどのくらいの費用がかかって、どうしたらその費用を作ることができるのか?」と、前もって考え、それに備えてお金を作っていく必要性が増してきているといえそうです。

ここで大切なのは、お金を預貯金に眠らせたままにしておくのではなく、そのお金を元手にしてお金を増やす「資産運用」の考え方です。いわば、自分のお金にも働いてもらおうということです。

まずは、手持ちの資金を使うタイミングで分けてみましょう。すぐにでも使う必要があるお金は預貯金などの安全資産でキープしながら、当面使う予定のない余裕資金を運用に回すのがポイントです。

1)すぐにでも使う可能性のあるお金(生活費や、不意の出費に備えるお金)
すぐにでも使う可能性のあるお金は、換金性があって安全性の高いものに投資してはどうでしょう。例えば、普通預金やMMF、MRFなどが考えられます。

2)数年後には使うことが決まっているお金(結婚資金、住宅資金、教育資金など)
収益性と同時に元本の安全性の高い投資をしてはどうでしょう。例えば、定期預金、個人向け国債、公社債投資信託などが考えられます。

3)当面使うことがないお金(セカンドライフに備えた資金など)
遠い将来使うお金については、万が一、投資が思うようにいかなくても挽回のチャンスがありますから、高い収益が期待できるものに投資してはどうでしょう。例えば、株式、投資信託、外国株、外国債券、REITなどが考えられます。

また、資産運用の方法は、個人の年齢や、ライフステージによって異なります。ここでは、ライフステージに応じた資産運用の考え方をご紹介します。

1)若い世代
収入はさほど多くない代わりに、自由に使えるお金の割合はかなり高い時期。これをすべて使い切るのではなく、たとえば結婚や住宅購入などに目を向け、将来に備えた資産作りを心がけることも大切です。
若いうちから運用を始めれば、中長期的な運用も可能となり、ある程度リスクがあっても積極的に値上がり益を狙える株や、投資信託を選択することも可能です。

2)働き盛りの世代
子供の出産や教育、住宅ローンの返済など支出が多い時期。資産を効率的に殖やす工夫が大切です。毎月の支出に追われがちですが、子供の将来や自身の老後のための準備も忘れてはいけません。安全性を重視して中長期的に着実に殖やしていける、株式と債券を組み合わせた投資信託等をお勧めします。

3)セカンドライフが間近な世代
限られた年金収入と貯蓄で、より充実したゆとりあるセカンドライフを送るために、資産を安全に管理していく工夫が大切です。ここに来て大きなリスクを取るのは危険です。毎月の必要資金(生活費、趣味・レジャー費など)を把握し、安全性を重視した債券や定期預金等を中心に考えてみてはいかがでしょう。

当社では、代表の占部の金融機関での経験、実績により、お客様の状況や考え方、将来観に沿った最適な運用方法をご案内しています。運用方針が「増やしたいのか」「守りたいのか」「遺したいのか」によって、取るべき投資戦略が全く異なります。資産運用以外に優秀な専門家とのパートナーシップにより、税務・財務・相続さまざまなご相談に幅広く対応できます。お気軽にご相談ください。